〒321-0103 宇都宮市台新田町175

028-659-2710

WEB予約

妊婦さんの歯科健診
(妊婦歯科)

妊婦歯科検診の重要性

妊婦歯科検診の重要性

妊婦さんは赤ちゃんがお腹の中にいることで、妊娠前と比べてホルモンバランスが変化しています。
その影響でいつものように歯磨きをしていても虫歯・歯周病になりやすく、歯茎にコブのようなものができたりします。

また、生まれてくる赤ちゃんにとってもお母さんのお口の環境は大切です。

例えば、お母さんが重度の歯周病にかかっていると、臨月ではない時に陣痛を誘引する物質の生産を促進してしまい、早産・低体重児出産のリスクが増えることがわかっています。

また、生まれたての赤ちゃんは虫歯菌を持っていません。周りにいる大人の唾液などから感染することがほとんどです。

赤ちゃんのお世話をすることが多いお母さんが虫歯だらけの場合、赤ちゃんは早期に虫歯菌に感染する可能性があります。

妊婦さんのためにも、生まれてくる赤ちゃんのためにも妊婦歯科検診を受診しましょう。

検診の流れ

検診の流れ

先に問診票へ記入していただき、その後、検診になります。

検診では特に虫歯・歯周炎・歯周病を重点的に、歯と歯茎をチェックします。

検診後、検診の結果と今後の歯のケアについてお伝えします。

小さいお子さんが一緒でも大丈夫

キッズスペース

検診は小さいお子さん連れでも全く問題ありません。是非ご一緒にご来院ください。

キッズスペースがありますので、ご自由にお使いくださいね。

よくあるご質問

Q. 妊婦歯科検診はいつ頃受診するのが良いですか?

A. 安定期(妊娠5~7ヶ月)が最適です。

妊娠初期(妊娠4カ月目まで)は妊婦さんの体調がつわりで安定しなかったり、赤ちゃんのさまざまな器官がつくられる大事な時期ですので避けた方がよいです。

また、妊娠後期(妊娠8ヶ月~)になるとお腹が大きいため診察イスに座るのが大変になります。

Q. 検診で治療が必要になった場合、妊娠中でも治療はできますか?

A. 安定期であれば治療可能です。

妊娠後期になると早産などのリスク回避のため、応急処置程度にしか治療はできなくなります。

Q. 安定期に治療をする場合、麻酔は使えますか?

A. 使えます。

局所麻酔のため適切量の使用では妊婦さん・赤ちゃんともに問題はありません。