〒321-0103 宇都宮市台新田町175

028-659-2710

WEB予約

インプラント

インプラント治療とは

治療のしくみ

インプラント治療とは

インプラントは歯を失った時の治療法で、人工の歯根(歯の根っこ)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着します。

人工歯根は顎の骨と結合し固定されるため、噛んだときにグラグラしません。

歯を失った時の従来の治療法としてブリッジや入れ歯があります。

しかし、ブリッジは両隣の歯を削る必要があり、部分入れ歯は両隣の歯に留め具をかけるため負担がかかるという欠点がありました。

インプラントの治療範囲は失った歯とその下にある顎の骨です。両隣の歯に影響を与えず、1本単位からの治療が可能です。

メリット

  • グラグラしない安定した噛み心地
  • 自然な見た目
  • 両隣の歯に悪影響を与えない

デメリット

  • 外科手術が必要
  • 手術をしてから治療完了までに半年以上かかる
  • 自費診療のため費用がかかる
  • 全身の病歴(糖尿病・高血圧など)、口の状態(歯周病など)によってはインプラントにできない人もいる
  • 金属アレルギーのある人はインプラントにできない

インプラント治療の流れ

① 検査

歯型採取、レントゲン撮影、CT撮影の検査をします。

歯の状態や顎の骨の厚さ、神経や血管の位置関係など細部にわたり把握するための検査です。

② 治療計画のご説明

検査結果をもとに治療計画(治療内容、治療期間、費用)をご説明します。

インプラントは外科手術のほか、期間や費用も伴う治療です。不安なことやわからないことは全部お聞かせください。

検査や治療計画の説明を受けたからと言って、必ず当院で治療してくださいという訳ではありません。

治療計画にご納得いただき、患者さんの同意が得られてからのみ治療を開始しますのでご安心ください。

③ 手術(1回目)

人工歯根を骨に埋め込む手術をします。入院の必要はありません。
術後は人工歯根と骨が結合するまで(2~6ヶ月)待ちます。

④ 手術(2回目)

人工歯根と骨が結合していることが確認できたら、人工歯根と歯をつなぐ装置を取り付けます。こちらも入院の必要はありません。

⑤ 人工歯の作製・装着

患者さんの歯と自然になじむような人工歯を作製し、装着します。